FC2ブログ
プロフィール

松縄正彦 

Author:松縄正彦 
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

越後にいます

 父の墓参り(12月が命日)のため、上越市に来ています。車で来ようと思っていましたが、雪のため今回は新幹線で来ました。
IMG_0071.jpg
上越妙高の駅から見ると、山々にも雪が積もり初めています。
高田のお城も雪化粧。
IMG_0049.jpg
 お堀にコスモスの花が咲いていましたので、これも入れてもう一枚。
IMG_0056.jpg

雪を見ると、故郷に帰ってきたのだな、と実感が湧いてきますが、越後トキメキ鉄道の列車内にはこんな吊り広告がありました。
IMG_0039.jpg
拉致被害者をどうとりもどすか、まだ先が見えませんが、風化させない事が大事!越後人は粘り強い事も特徴です。こんな事をあらためて認識させられました。






スポンサーサイト

何やらきな臭い・・・

 先日、息子が久し振りに帰ってきました。その際、珍しく(?)私にお土産がありました。
nomikurabe.jpg
新幹線の駅で買ったとか。少しは気が利くようになりましたね・・・。楽しく飲み比べをしているのですが、酔う程に、最近のいろんな動きが気になってきました。

 まずは、欧州ですが、メルケルさんが党首からおり、イギリスもEU離脱がどうなるか、メイ首相も危なそうで、フランスもマクロン大統領も燃料税を発端としてガタガタしているようです。イタリアも予算がどうなるか分からず、どうも欧州は中心勢力が無くなってしまいバラバラになりそうな気配。こんな中、安倍総理はG20の各国の中でもGoodポジションに位置しているようで大変良いことですが、国際的な指導者としてはもう一息というところなのでしょう。頑張って欲しいと思いますが、足下の国会運営はどうも賛成できないですね。
 移民政策(?)はもっと時間をかけて実習生の実態把握をきちんと行ってから提案すれば良いと思いますが、何故、こんなにあせっているのでしょう。真偽が分かりませんが、来年の選挙、それも衆参同時選挙をにらんで、財界の支援を得るために強行策に出ているような気もします。もともと、古代、日本には各国から大勢の人々がやって来て国土の開拓をしてきた歴史があります。その点では移民国家であったともいえますので移民自体に異論は無いのですが、当時とは事情も違っていますので慌てる必要はまったくないはずなのですが・・・?
 さらに、カナダでファーウェイのCFOが逮捕されたとか。もともと中国のファーウェイとZTEは通信関係で要注意企業として米国では考えられて来たのですが、この様な政策の背後にはファイブ・アイという組織が居るといわれます。米国・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの諜報組織同盟(?)といえる存在で、このファイブ・アイが中国を的とみなし、協働する事になっているというのですが、先日オーストラリアで会議を開催し、その席に日本とドイツも参加したのだとか・・。真偽はわかりませんが、結果的に米国、オーストラリア、ニュージーランドでファーウェイの製品を政府組織で採用しない事になっています。本日、日本でも同様の措置を採る事が決まったとか。また昨日、ソフトバンクの通信障害がありましたが、ソフトバンクはファーウェイとも親しい企業です。通信障害はエリクソンが原因だったようですが、穿った見方をすれば、なにやら警告しているような気もします。どんなものでしょうか・・?
 酔う程に、きな臭い方向に推理が進んで行きますが、来年になればある程度はっきりする事でしょう。それを肴にまた飲めるな・・などと、どうも飲む事ばかりに気が行ってしまいます。
 来年も楽しくお酒を飲む事にしましょう。


恐竜の卵

 鳥の卵というと、朝食などでおなじみですが、この卵の殻の色は、様々です。白っぽいもの,茶色のものやウズラの卵のように斑点がついたもの、さらにはアローカナのように青い色のものまであります、これら、卵の殻の色はなんと恐竜さんとつながっている事が最近分かってきました。これによると、「有色卵を産むという鳥類の特徴は、祖先である非鳥類型恐竜から受け継いだもの」なのだそうです(ここ参照)。
 最近は鳥の羽毛も恐竜から引き継いで来た事が明らかになっていますが、思った以上に鳥類は恐竜から引き継いだものを多く持っているようです。飲んで焼き鳥などを食す機会も多いのですが、考えてみれば恐竜の子孫(ちょっと言い過ぎですが)を食べているようなものかも・・、などと考えてしまうと不思議な気もします。
 いずれにせよ生物は皆、先祖から多くの物を受け継いで来ています。大事にしてこれらを進化させないともったいないと思うのですが、最近、中国ではゲノム編集をした赤ん坊が生まれたとか。なんとまあ乱暴というか、自分勝手というか、言葉が出ないですね。
 大体、何でも”魔法には対価がある”ようになっています。タガが外れると自分自身に飛び火しますが、人類もそろそろ気をつけないと危ないのかもしれません。自戒が必要です。
 

鎌倉大仏よりも大きな仏像

LINEトラベルjp(旧たびねす)に下記の記事を投稿しました。

鎌倉大仏よりも大きい!東京・日の出町「鹿野大仏」お顔の表情にも注目

お山の上の大仏様ですが、よくこんな場所に作ったと感心します。面白かったのはお土産コーナがあった事です。
omiyage.jpg

一瞬、大仏様のロゴ入りT-シャツを買おうかと考えてしまいましたが、もう若くないので止めにしました。もう10歳若ければ着てそこら中を歩き回っていたかもしれません(昔に比べて、少し世間体を気にするようになったようです)。

立体視

久々に視覚について紹介します。立体視についてです。両目で見る事で立体感を得る方法の事ですが、ヒトでは約3割ものヒトがこの立体視が不得意なのだそうです。随分と高い割合である事にちょっとびっくりしますが、このヒトによる個人差は、なんと脳(大脳の右半球)にあるVOFという神経繊維組織の密度差に起因している事が判明したようです(ここ参照)。両目の情報を処理するのであれば脳の両側(右半球と左半球)が関係するように思われますが、右半球というのはどんな理由なのでしょうか?右脳は感情に関係し、左脳は論理的思考に関係すると良くいわれますが、情報をイメージとして認識する役割を右脳が担っているともいわれますので、この事と関係しているのかもしれません。
 そろばんが得意、左利きの方は右脳を良く使用しているといわれますが、これらのヒトは立体視も得意なんでしょうかね・・?ちょっと疑問が湧いてきましたが、いろんな事がだんだんと分かって来るのは面白いですね。

インプラント その後

 今年の5月に上の歯を抜いてインプラント手術を行いました。6本のインプラントを骨に植え込んだのですが、仮歯の調子が悪く、1本だけ抜いて、今まで養生してきました。5ヶ月経ち、5本はしっかりと固定され、残りの1本は再生して開けた穴がふさがりましたので、先週末に残り1本の再手術を受けました。今回は抜歯手術のように歯根の回りを何カ所か麻酔し、麻酔が効いた頃合いであっという間に手術終了です。前回は静脈から麻酔液(?)を点滴していたために少し意識朦朧としていましたが、今回はドリルで穴を開けていたのが良く分かりました。術後、先生曰く、骨が柔らかいとか。どうも再生した骨があまり硬くなかったようです。これから4ヶ月ほどさらに養生する事になりそうです。
 通院してくる方々をみていると、皆それなりに中高年が多く(ケースバイケースなのでしょうが)、私と同じく時間がかかる方も多いのでは、と推測しています。歯が悪くなってくるのは中高年からですが、この頃には身体の再生機能も衰えてくるはずですので処置に時間がかかるのは仕方がないのでしょうが、長くかかりますね・・・。
 しかし現状、仮歯とはいえ野菜がシャキシャキ噛めるのは気持ちが良い物です。後は早く好物のピーナッツを食べたいのですが、まだまだ無理。しばらくは毎日牛乳を飲み、骨の再生、インプラントの固定を確実にすることを心がけます。

音楽アプリ

 スマホを使っている中で、良い音楽アプリを見つけました。”Spotify”です。
このアプリを見つけるまでは、スマホに音楽データをダウンロードして聴いていたのですが、このアプリを入れてからは楽曲の多さ、利便性などから考え、音楽データを削除してしまいました。この結果、スマホのメモリーは余裕綽々です。
 このSpotifyですが、時々、広告が入るものの、少し我慢すれば30分間無料で音楽が聴けます。これで商売が成り立つのか心配になってしまいますが、今年、黒字になったとか。また世界で1億数千万人の方が利用し、その半数が有料ユーザといわれます。ヘビーユーザであれば有料化するのも良いでしょうが、私のような利用の仕方では無料で充分です。
 ご興味のある方は、Googleストア等でダウンロードしてみて下さい。個人的にお勧めのアプリです。

太極拳

 久々の更新です。少しガタガタしていたり、疲れが溜まっていたりして更新をサボっておりました。
 もうじき11月です、早い(速い)ものですね・・。10月は、久し振りに太極拳三昧でした。対練を中心に練習したのですが、今までの練習は何だったのか、と新発見が多々ありました。足捌きや体重移動の仕方など、いままで套路(とうろ)の自己練習で行っていた事が基本的に誤っていた点が見つかりました。また武術は理論だけでなく身体で感じないとだめですね・・。今までと違った視点で練習を開始しておりますが、道は遠い、というのが実感です。理想は”ふわっとさせてドーン”ですが、まずは”ふわっ”とさせる事ができるかどうか・・・。やればやる程深みに入り込む様な気もします。
 ところで高円宮家の絢子さんが本日結婚式を迎えられたとか。絢子さんは笑顔が良く、夫君もしっかりとしていますね。宮家を離れなくても・・などという気もしますがどうでしょうか?いずれにせよお目出度い事です。
 さて愈々11月。株価も下がり、米国の中間選挙を迎えるまではまだいろいろありそうですが、何か国会の討論がどうなっているのか若干、あまり注視されていませんね。与党も野党ももっと確りとした議論をしてもらいたいものですが、どうも期待薄かもしれません。また消費税は本当に上げるのでしょうか?負債と資産の両方の観点からまとめたIMFのデータを基にすれば上げる必要は無いと判断してしまうのですが・・・。こんな点もしっかりと議論して欲しいものです。しかしメディアではこのデータが報道されていないのは何故でしょう?メディアの報道姿勢も少し疑問です。

ムー

 だいぶ寒くなってきました。年を取ったせいか、この程度の寒暖の差で若干、風邪気味になってしまいました。こんな中、標記の様に、月刊ムーの40周年を記念するイベントに出かけてきました。
 ご存じのように、トンデモ話が満載のムー誌ですが、中には、アレ?という記事もあったりして、実は隠れファン(?)なのです。
ここがイベントの受付です。
パルコミュージアム
入場料を払うと、チケットの他にコーラ味の粒状お菓子がもらえます。
 中では、過去のムー誌やトピック記事が見られます。また、ユリゲラーの曲げたスプーン、ニホンオオカミの子供のミイラやビッグフットの足型などが展示してありました。途中、笑ってしまったのは三上編集長の机が展示してあった事です。
三上編集長
なんという事もない展示ですが、トンデモナイ展示があるかと期待していた中、ちょっと意表をつかれた展示です。ムーらしさがこんな中に感じられましたが、著名人(?)からの寄せ書きを見ておりますと、あの並木先生がまたフィールドワークを再開されるとか。今後楽しみです。
という訳で、ご興味のある方は、池袋のパルコミュージアムまでお越し下さい。今月29日まで開催中です。



お酒

 しばらくぶりにお酒の紹介です。大分、秋らしくなってきました。そろそろ”ふねしぼり”のお酒の予約ができる頃と思い、田村酒造さんのHPを覗きましたら、なにやら見慣れないお酒がありました。ちょっと興味が湧いたので購入したのですが、なかなか美味しく、ワイングラスにも似合うお酒でした。
田村酒造

 このお酒は、”たいおう”と読みます。この文字も中々味のある字だなと思っておりましたら、説明書きによると、江戸時代の老中「松平定信」が揮毫したものとか。江戸時代には京方面から江戸へとお酒が運ばれ、従って、その代金が江戸から出て行く事態となり、江戸周辺の酒の品質向上が大きな課題となったのだとか。このような中で田村酒造が創業されたといわれます。
 老中と田村酒造との関係は良く分かりませんが、田村酒造のご先祖はこの地方の有力者だったはずですので酒の醸造を通して幕府の政策に協力したのかもしれません。
 しかし、田村さんのお酒はなかなかのもので、全国レベルではないかと内心思っております。對鷗はお勧めです。